スクリーンショット 2014-01-18 16.19.10
 

周辺地図

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

病院などで臨床検査技師として働いている方の受験について

人間健康科学系専攻は、医療職の分野に貢献することが重要な使命の一つになっています。そのため、同分野で働いている方々が大学院に入学しやすいようないくつかの制度があります。

■ 修士課程

社会人特別選抜制度:入学時で3年以上(但し、看護科学コースの 志願者は5年以上)の志望分野に関連する医療実務経験を有する者については、申請時の手続きにより、試験の配点が変更できます。

一 般 選 抜: 外国語(英語)200点、専門100点 、社会人特別選抜: 外国語(英語)200 点、専門 200 点

■ 博士課程

修士学位を取得していなくても、卒後の経歴(おもに研究活動)の内容によっては受験が可能になることがあります。(資格審査があります)

仕事をやめなくても博士課程に入学 できる可能性があります。

ご興味のある方は御連絡ください。

医学研究科HP内の案内ページ>>(外部リンク)

 

第106回日本病理学会で発表

第106回日本病理学会で発表しました。(2017.4.27-29、新宿)

英語口演
□ ヒト気管支発生の 3 次元的解析
Three-dimensional analysis of the bronchial branching in human embryonic stages
高桑徹也、村中太河、山田重人 他(急遽英語で発表しました!!)
ポスター
□ EFICを用いた膝関節の形態形成の解析(学生ポスター)
Three-dimensional reconstruction of rat knee joint using episcopic fluorescence image capture
高石亮太、Xiangkai Zhang、青山朋樹、山田重人、高桑徹也
□ ヒト胚子期における脳形態形成の解析
Morphology and morphometry of the human embryonic brain: A three-dimensional analysis
白石直樹、片山愛里、中島崇、山田重人、上部千賀子、巨瀬勝美、高桑徹也

多元計算解剖学キックオフシンポジウム

平成29年度 新学術領域研究「多元計算解剖学」シンポジウム(4.21(金)10時〜@名大)
高桑は、スポーツ実習、細胞組織学実習等、終日実習をする日程になっていましたので、修士2年石山さんが代わりに発表しました。

石山さん重責をご苦労様でした。

総合医療科学コースへ再編されました

病理学研究室は、総合医療科学コースへ再編されます。臨床検査技師の方、そうでない方ともにこれまで同様、進学を歓迎致します。

病理学研究室は、平成29年度から人間健康科学科内部の組織再編(改組)に伴って、これまでの検査技術科学コースから総合医療科学コースへ再編されました。

病理学研究室では、これまで同様、臨床検査技師の方もそうでない方も同等に受け入れ、また卒後の進路も制約をしておりません。再編後も、多方面に興味を持ったユニークな学生が来られることを期待しています。

また、再編とともに下記のような制度変更があります。

1) 平成29年度入試からの入試方式の変更(特色入試、学部一括入試の導入)

2)募集人員の減員(143から100名へ)

3)入学後のカリキュラムやコース選択方法の変更等、いくつかの変更が予定されています。

再編に伴って、私たち病理学研究室が所属することになる総合医療科学の特徴などについて、よくある質問についてお答えします。>>

なお、多少、個人的な意見を交えていますので、正式な説明、案内は人間健康科学科HPを御覧ください。

 

多元計算解剖学・第3回 国際シンポジウム

新学術領域研究「多元計算解剖学」第3回 国際シンポジウム(2017.3.8-9,奈良県文化会館)

で発表しました。

A01-KB004 Three-dimensional Analysis of the Bronchial Branching in Human Embryonic Stages – Progress Overview FY2016

 

奥村さんの卒研がPlosOneに掲載されました

2016年度卒業生

それぞれの道をがんばってください!! […]

2016年度; 修士学位論文発表会が行われました

研究紹介

What’s News…