スクリーンショット 2014-01-18 16.19.10
 

Archieve

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

Before we are born…

ヒトの発生は、生まれる前の記憶にない世界の物語です。
それは「われわれは、何物で、どうやってできてくるのか」という根源的な問いかけでもあります。
私たちは、その物語をより深く読み解くために、知的な探求の旅を続けています。

■ より詳しく>> ■ ごあいさつ>> ■質問・コメントを送る>>


長田さん、八田くんの卒研がCongenital Anomaliesに受諾(2)

長田さん、八田くんの卒研の一部がCongenital Anomaliesに受諾されました。

胎児期に消化管が臍帯から腹腔に還納されるときに、回盲部がどのように移動するかを3D座標をとり検討しました。腹腔に戻った回盲部は右下腹部にまっすぐ進んでいくようです。右上腹部に還納し下腹部に移動するという説も、以前は信じられていましたが、正しくないようです。

Nagata A, Hatta S, Imai H, Yamada S, Takakuwa T. Position of the cecum in the extraembryonic and abdominal coelom in the early fetal period. Congenit Anom 2019, in press.

たこ焼きパーティー

4回生の歓迎会を兼ねて、たこ焼きパーティーを施行しました。

2019.0617 4回生歓迎会

奥野さんの卒業論文がAnat Recに受諾

胸郭の形態形成 (CS18-23)

奥野さんの卒業論文がAnatomical Recordに受諾されました。

胚子期の位相CTを用いて、肋骨、脊椎上に座標を84点/標本とり、胸郭の形成の特徴を定量的に示しました。

Okuno K, Ishizu K, Matsubayashi J, Fujii S, Sakamoto R, Ishikawa A, Yamada S, Yoneyama A, Takakuwa T. Rib cage morphogenesis in the human embryo: A detailed three-dimensional analysis. Anat Rec, 2019, in press.

大賀さんの卒業論文がCongenit Anomに受諾

大賀さんの卒業研究がCongenital Anomaliesに受諾されました。胚子期後期(CS21前後)にみられる後頚部浮腫について、リンパ管の形成との関連性を論じました。

Ohga A, Sakamoto R, Yamada S, Takakuwa T, Vesicular swelling in the cervical region with lymph sac formation in human embryos. Congenit Anom, 2019, in press.

第129回 日本解剖学会で発表

[…]

卒業しました

[…]

長田さん、八田くんの卒業論文がJ Anatomy に掲載

長田さん、八田くんの卒業論文がJournal […]

2018年度卒業生

[…]

What’s News…