スクリーンショット 2014-01-18 16.19.10
 

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

熊野くんの卒業研究がAnatomical Recに受諾

熊野くんの卒業研究がAnatomical Recに受諾されました。おめでとうございます。

上肢、下肢の肢位について、胚子期後期、胎児期初期、中期について検討しました。そのうち上肢の肢位について今回まとめました。上腕骨と体幹、体幹と肩甲骨、肩甲骨と上腕と解剖学的にわけて検討し肢位への影響を検討しています。

Kumano Y, Tanaka S, Sakamoto R, Kanahashi T, Imai H, Yoneyama A, Yamada S, Takakuwa T. Upper arm posture during human embryonic and fetal development. Anatomical Rec 2021, in press

第61回日本先天異常学会で発表

第61回日本先天異常学会で発表しました。(2021.08.7-8, 東京, on line開催)

拡散テンソルイメージングを応用したヒト胎児の横隔膜形成過程の解析; 金橋 徹、今井宏彦、大谷浩、高桑徹也

ヒト胚子期における気管支樹のvariationの検討;藤井 瀬菜、村中太河、松林潤、山田重人、米山明男、高桑徹也

藤井さんが学会奨励賞を受賞いたしました。おめでとうございます。

受賞講演要旨

  • 【背景・目的】多くの成人肺の解剖学的研究が、区域気管支の分岐構造に関するvariationを報告している。この形態学的差異が生じる時期は明らかでない。本研究は、ヒト胚子の気管支樹の形態変化を観察し、気管支のvariationが生じる時期を検討した。
  • 【対象・方法】京都コレクション保有のカーネギーステージ(CS)15~23のヒト胚子標本計48体を対象とした。全個体の位相 CT 画像を取得し、画像処理ソフトウェア Amira を用いて気管支樹を抽出し立体像を作成した。
  • 【結果】CS15~23 において、気管と葉気管支の形態に個体差は認めなかった。葉気管支はCS15, 16にて形成されていた。左右の一次気管支芽上の対称な位置に右中葉と左上葉を形成している個体と、さらに右上葉を形成している個体を認めた。区域気管支と亜区域気管支は、CS17~19 にかけて形成が進んでおり、同一ステージの個体間にて形成の程度にばらつきが生じていた。CS20~23の気管支樹における区域気管支の形態として、左右の上葉においてそれぞれ4種類、右中葉と左右下葉ではそれぞれ2種類の計14種を同定した。
  • 【考察】観察した全個体にて、気管と葉気管支は成人の気管支樹と同様の構造を示した。この結果は、葉気管支までは個体に関わらず典型的な構造を形成することを示唆している。CS15~19の気管支樹の観察から、葉気管支は一定の順序で形成される可能性があること、区域気管支の形成速度には個体差があることが明らかになった。さらに、CS20~23で同定した区域気管支の形態は、成人の気管支においても同様の形態が報告されていた。この結果は、成人の気管支樹の形態のvariationが胚子期において決定し、生涯にわたって継続する可能性を示唆している。本研究は医の倫理委員会で承認されている。(R0316)

山崎さんの修士論文がCells Tissues Organsに受諾

山崎さんの修士論文がCells Tissues Organsに受諾されました。

気管軟骨、喉頭軟骨の形態形成について軟骨の発生段階を立体的に細かく示しました。初期の軟骨形成の中心は左右に1個ずつあり、癒合した後に側方に広がる等、新たな知見を得ました。

54. Yamazaki Y, Kanahashi T, Yamada S, Männer J, Takakuwa T. Three-dimensional analysis of human laryngeal and tracheobronchial cartilages during the late embryonic and early fetal period. Cells Tissues Organs, 2021 in press

ヒト胎児期初期の脳の形態形成についての論文がJ Anatomyに掲載

ヒト胎児期初期の脳の形態形成についての論文がJ Anatomyに掲載されました。5年以上かけて、ようやくまとめることができました。

52. Takakuwa T, Shiraishi N, Terashima M,Yamanaka M, Okamoto I, Imai H, Ishizu K, Yamada S, Ishikawa A, Kanahashi T. Morphology and morphometry of the human early fetal brain: A three-dimensional analysis. J Anatomy; 239 (2) 498-516, 2021, doi.org/10.1111/joa.13433

寺島さんの修士論文がJ Anatomyに受諾

胚子期末大脳におけるプレサブプレートの3次元分布

寺島さんの修士論文がJ Anatomyに受諾されました。おめでとうございます。胎児期のみに出現し、大脳皮質の形成、自発活動の開始に関わる可能性のあるプレサブプレートの形成について、連続組織画像を用いて立体的に検討しました。

Terashima M, Ishikawa A, Männer J, Yamada S, Takakuwa T. Early development of the cortical layers in the human brain, J Anatomy, 2021, in press. http://doi.org/10.1111/joa.13488

 

’21 大学院説明会

第2回医薬系研究交流サロンで発表

第2回医薬系研究交流サロンで発表しました。(2021年4月19日 (月)~21日(水)17:00~19:00,  オンライン)

Jou Ting Huang;Fixation of the colorectum to the retroperitoneum during human fetal development

掛谷真樹;The quantitative analysis of returning phase of intestine in physiological umbilical herniation 口頭発表もしました。

福井成美;ヒト胎児期初期における左心房形態形成~左心耳の形成と肺静脈が左心房に取り込まれる過程~
磯谷菜穂子;ヒト胚子期・胎児期初期における静脈管の定量的形態解析

石田かのん;ラット膝関節の発生と半月大腿靭帯の形態形成

金橋 徹;ヒト胎児期初期における横隔膜形成過程の解析

コロナ感染症もあり、on lineで開催されました。

 

2020年度卒業生

卒業おめでとうございます。

修士2年

寺島 芽衣

野原 葵

山崎 優

学部4回生

福井成美(進学)

松成知恵子(進学; 伊吹研)

磯谷菜穂子(進学)

熊野陽介

石田かのん(青山研)(進学)