スクリーンショット 2014-01-18 16.19.10
 

Archieve

周辺地図

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

第106回日本病理学会で発表

第106回日本病理学会で発表しました。(2017.4.27-29、新宿)

学生部門で高石くんが日本病理学会総会最優秀賞を受賞しました。

英語口演
□ ヒト気管支発生の 3 次元的解析
Three-dimensional analysis of the bronchial branching in human embryonic stages
高桑徹也、村中太河、山田重人 他(急遽英語で発表しました!!)
ポスター
□ EFICを用いた膝関節の形態形成の解析(学生ポスター)日本病理学会総会最優秀賞受賞!!
Three-dimensional reconstruction of rat knee joint using episcopic fluorescence image capture
高石亮太、Xiangkai Zhang、青山朋樹、山田重人、高桑徹也
□ ヒト胚子期における脳形態形成の解析
Morphology and morphometry of the human embryonic brain: A three-dimensional analysis
白石直樹、片山愛里、中島崇、山田重人、上部千賀子、巨瀬勝美、高桑徹也

多元計算解剖学キックオフシンポジウム

平成29年度 新学術領域研究「多元計算解剖学」シンポジウム(4.21(金)10時〜@名大)
高桑は、スポーツ実習、細胞組織学実習等、終日実習をする日程になっていましたので、修士2年石山さんが代わりに発表しました。

石山さん重責をご苦労様でした。

多元計算解剖学・第3回 国際シンポジウム

新学術領域研究「多元計算解剖学」第3回 国際シンポジウム(2017.3.8-9,奈良県文化会館)

で発表しました。

A01-KB004 Three-dimensional Analysis of the Bronchial Branching in Human Embryonic Stages – Progress Overview FY2016

 

新学術領域研究「多元計算解剖学」 第2回サマーワークショップ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-16-11-55-35新学術領域研究「多元計算解剖学」第2回サマーワークショップに参加しました。(2016年8月30-31日, 大阪)

白石さんが「2016年度日本先天異常学会奨励賞」受賞

IMG_0724

第56回日本先天異常学会(2016/7/29-31)にて、白石さんが「2016年度日本先天異常学会奨励賞」を受賞しました。

「ヒト胚子期における脳形成の形態計測学的解析」

MRIdataを用いてヒト胚子期の脳形成を立体的に観察、計測しました。(Neuroimage 2015) 、修士終了後もデータの整理、論文作成を継続し、成果に結びつけました。おめでとうございます。

3題のポスター発表を行いました。

石山 華、山田 重人、上部千賀子、米山 明男、武田 徹、今井 宏彦、松田 哲也、高桑 徹也:ヒト後腎形態形成の 3 次元的解析
白石 直樹、山中 美希、山田 重人、上部千賀子、巨瀬 勝美、高桑 徹也:ヒトにおける胚子~胎児期の脳形態形成の解析IMG_0722

村中 太河、山田 重人、上部千賀子、米山 明男、武田 徹、 巻島 美幸、高桑 徹也:ヒト胚子期における気管支分岐形成の三次元的、数理的解析

 

新学術領域研究「多元計算解剖学」第2回 国際シンポジウム

気管支分岐の法則性について

気管支分岐の法則性について

新学術領域研究「多元計算解剖学」第2回 国際シンポジウムで発表しました。

Three-dimensional Analysis of the Bronchial Branching in Human Embryonic Stages

Takakuwa T, Muranaka T, Yamada S

 

日時:平成28年2月11日 (木・祝)9:00~18:00

2月12日 (金)  9:00~16:50

場所:名古屋大学 野依記念学術交流館 2階

医用画像研究会(MI)で発表

スクリーンショット 2015-08-06 17.15.18

共同研究者の岸本さん、清水先生ら(東京農工大)が医用画像研究会(MI)で発表されました。
2015.09.08 電気通信大学(調布市)
ヒト胚子の眼球を対象とした時空間統計モデルに関する初期検討
岸本 将志、斉藤 篤、大坂 美穂、高桑 徹也、山田 重人、清水 昭伸

第55回日本先天異常学会で発表

第55回日本先天異常学会学術集会・第38回日本小児遺伝学会学術集会【合同開催】の合同開催で、いつもより盛会でした。

ヒト器官形成期における視覚器の発達について
大坂美穂、山田重人、上部千賀子、米山明男、武田徹、今井宏彦、松田哲也、高桑徹也

ヒト胚子期における気管支の分岐形成の三次元的解析
村中太河、山田重人、上部千賀子、米山明男、武田 徹、高桑徹也
ヒト胚子期における脳形態形成の解析
白石直樹、片山愛里、中島崇、山田重人、上部千賀子、巨瀬勝美、高桑徹也

会 期: 2015年7月25日(土)~27日(月)
会 場: パシフィコ横浜会議センター(神奈川県横浜市)