Archive

スクリーンショット 2014-01-18 16.19.10
 

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

第60回日本先天異常学会で発表

第60回日本先天異常学会で発表しました。(2020.07.11-12, 神戸)

新型コロナウイルス感染症の影響でon line 学術開催となりました。

金橋 徹、山田重人、米山明男、高桑徹也, ヒト胚子期に起こる生理的臍帯ヘルニアの発生要因‐肝形成との関連に基づいた形態及び形態計測学的検討

藤井 瀬菜, 村中 太河, 松林 潤, 米山 明男, 兵藤 一行, 山田 重人, 高桑 徹也, ヒト胚子期における気管支の非対称性の定量的検討

共同研究者の勝部先生、東島先生が奨励賞を受賞しました。おめでとうございます。

勝部 元紀 先生
Critical Growth Processes for the Midfacial Morphogenesis in the Early Prenatal Period
東島 沙弥佳 先生
Tail reduction process during human embryonic development

第109回日本病理学会総会で発表しました

第109回日本病理学会総会で発表しました (2020.07.01-07.31, 福岡(オンライン))

高桑徹也、山田重人、米山明男. ヒト胚子肋骨の形態形成は、共通の肋骨の形状変化のどのあたりに相当するかという尺度で示すことができる

第125回日本解剖学会で発表しました

第125回日本解剖学会で発表しました(3/25-3/27, 山口)

高桑徹也、寺島芽衣、石川葵、山田重人: ヒト胚子期終期における大脳層構造の三次元的解析

藤井瀬菜、村中 太河、松林 潤、米山明男、兵藤一行、山田重人、高桑徹也:ヒト胚子期における気管支形成の定量的解析 

山口豊、村瀬亜美、児玉竜汰、舩冨卓哉、向川康博、高桑徹也、山田重人:ヒト器官形成期における下肢筋骨格系の形態形成過程の三次元可視化 

コロナウイルス感染症のため、学会は抄録集による誌上開催での発表となりました。

医薬系研究交流サロンで発表

医薬系研究交流サロン(1/28-31)で発表で発表しました。メディカルイノベーション卓越大学院プログラムの立ち上げに際して、医薬系の研究室間の交流をはかる目的で行われました。

01 発生・細胞生物学・システム生物学

金橋徹:ヒト胎児期初期における骨盤形成の解析

藤井瀬菜:ヒト胚子期における気管支形成過程の三次元的解析

北沢 遥:ヒト胚子期における腎小体形成と集合管系形成の関連性

山崎優:ヒト胚子期・胎児期初期における気管・軟骨の3次元的解析

野原 葵:ヒト胚子期末における二次口蓋形成と口腔領域の解析

寺島 芽衣:ヒト胚子期終期における大脳層構造の三次元的解析

日本人類学会で発表

第73回日本人類学会で発表しました(2019.10.12-14、佐賀)。

われわれの研究も人類の研究なので、発表してみました。どの程度受け入れられたでしょうか。

ヒト胚子期における気管支分岐形成の三次元的定量解析
藤井 瀬菜、村中 太河、松林 潤、米山 明男、兵藤 一行、山田 重人、高桑 徹也
ヒト胚子期・胎児期初期における気管・軟骨の3次元的解析
山崎 優、藤井 瀬菜、石川 葵、山田 重人、高桑 徹也
Carnegie Stage (CS) でのヒト後腎における腎小体の発生段階と立体的分布
北沢 遥、石山 華、石川 葵、松林 潤、山田 重人、高桑 徹也

TMIMS symposiumで発表しました

大脳subplate層の形成

20th TMIMS International Symposium “Principles of Neocortical Development and Evolution” (2019.7.30, Tokyo)で発表しました

Terashima M, Ishikawa A, Yamada S, Takakuwa T, Morphogenesis of the layer structure of cerebral cortex during human late-embryonic period

第59回先天異常学会で発表しました。

第59回先天異常学会で、発表しました(2019.7.26-28, 名古屋)The 13th World Congress of the International Cleft Lip and Palate Foundation -CLEFT 2019-と合同開催でした。

Nohara A, Owaki N, Manesco C, Katsube M, Yamada S, Imai H, Matsuda T, Yoneyama A, Takakuwa T, Relationship between fusion of lateral palatal shelves and growth of Mandible (Meckel’s cartilage)

PUH occurred independently of liver

Takakuwa T. Intestinal loop formation: herniation into the extraembryonic coelom and return to the abdominal coelom (招待講演)

Drastic changes occur during the development of the intestinal loop (IL), including physiological umbilical herniation (PUH) and its return. The present study was designed to analyze such developments three-dimensionally during human embryonic and early fetal period.

Materials and Methods: The software AMIRA was used to analyze the 3D digitalized data (high-resolution MRI, phase-contrast X-ray CT) obtained from the Kyoto Collection.

Results and Discussion: Based on the results of our analysis, the following time line and main features of IL formation were revealed:

Herniate phase (Carnegie stage (CS)14-CS23, Crown-rump length (CRL) < 35 mm): IL rotation was initially observed as a slight deviation of the duodenum and colorectum from the median plane up to CS16. The PUH was noticeable after CS16. The IL displayed a hairpin-like structure, with the superior mesenteric artery (SMA) running parallel to the straight part and the cecum located to the left at CS18. The IL rotated around the SMA only during the early stages (until CS19). The IL gradually moved away, running transversely after CS19. Embryos with liver malformation showed PUH, which indicated that PUH occurred independent of liver volume.

Transition phase (CRL = 37, 41, and 43 mm): Intestinal return began from proximal to distal part in samples with CRL of 37 mm. The cecum returned before the distal end of the small intestine (ileum) in samples with CRLs of 41 and 43 mm.

Return phase: The cecum immediately reached its final position in the right lower quadrant of the abdomen (the adult position). The anti-clockwise “en-bloc rotation” described by descent and fixation of the cecum in the abdominal cavity may not exist. A rapid increase in the space available for the intestine in the abdominal coelom that exceeded the intestinal volume in the extraembryonic coelom was observed. The height of the umbilical ring increased in a stepwise manner between the transition and return phases and its height in the return phase was comparable to or higher than that of the hernia tip during the herniation phase. We speculated that the space is generated to accommodate the herniated portion of the intestine, similar to the intestine wrapping into the abdominal coelom as the height of the umbilical ring increases.

Conclusion: The data obtained in the present study demonstrate the precise timeline of IL formations, which indicate several points of discrepancy in the results of previous studies.

第124回 日本解剖学会で発表

第124回日本解剖学会で発表いたしました。(新潟, 3/27-3/29)

ポスター

ヒト胚子期における気管支分岐形成の3次元的解析; 藤井瀬菜、村中太河、松林潤、米山明男、武田徹、兵藤一行、山田重人、高桑徹也

胎児期初期における骨盤形成の解析; 金橋 徹、奥村 美咲、今井 宏彦、山田 重人、山本   憲、富樫 かおり、高桑 徹也

口演

ヒト胎児の顔面骨格形成とそれに必要な因子について; 勝部 元紀、山田 重人、山口 豊、高桑 徹也、山本 憲、斉藤 篤、清水 昭伸、今井 宏彦、鈴木 茂彦

シンポジウム

幾何学的形態測定学法を用いたヒト胎児脳の成長過程の解析; 山口豊、勝部元紀、上部千賀子、巻島美幸、山本憲、今井宏彦、高桑徹也、富樫かおり、山田重人