2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

教育の概要

A. 大学院教育

大学院教育に課せられる役割は、修士、博士といった学位取得を目指すことに加えて、臨床検査技師という資格を持った学生が、その資格およびそのために学んだ事柄を生かし、将来の仕事に繋げて行ける様サポートすることがあります。病理学研究室では、こういった観点から、研究に関連した特論、演習、実習に加えて、細胞診断に関連した科目、解剖学に関連した科目等を修士の学生に配当しています。本研究室の学生については、能動的にこういった勉強できる機会に参加し、多方面の知識、経験を修得することを推奨しています。

B. 学部教育

専門教育

医師を養成する医学科では、臨床各科で病気を学ぶ機会がありますが、本専攻のような医療系4年生大学ではコマ数が限られます。そのため、より質の高い、充実した病理学に関連の科目を提供することが、病理学研究室に課された責務です。

全学共通教育

スポーツ実習1A (テニス)を2014年4月から受け持ちます。

テニスというスポーツを通して、身体能力の向上、運動する生活習慣を身につけます。

チームプレー、リーダーシップ、マナー、救急対応,、コミュニケーション技術、パートナーへの思いやり、相手への敬意、公平なルールの運用と遵守、など、テニスを通じて人間として大切なことを身につけるのもこの実習の目的です。