スクリーンショット 2014-01-18 16.19.10
 

Archieve

周辺地図

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

取得研究費(終了分)

■ 取得研究費

●科研費

代表

・拡散テンソルイメージング法を応用したヒト心筋の形成と走行の解析;挑戦的萌芽

・ヒト器官形成期において分枝構造を有する器官の3次元分枝パターンを解析する; 新学術[多元計算解剖学] 公募班

・三次元データを用いた器官形成期ヒト胚子の正常および異常発生の解析; 基盤 (C) (一般)

・磁気共鳴画像を用いた器官形成期ヒト胚子の解析; 基盤 (C) (一般) (成果報告書)

分担
・ゲッティンゲン大学ヒト胚子コレクションの組織学的解析およびデジタルアトラス作成;基盤(B)(海外)

・軽度認知機能低下者における認知・身体機能向上のための運動介入法の開発; 基盤(B)
・軟骨幹細胞をモチーフとしたマルチモダルリハビリテーション手法; 基盤(B)
・新しいX線イメー ジング技術を用 いたヒト胚子中枢神経発生の三次元解剖学的解析; 挑戦的萌芽

■ KAKENのページへ>>
●AMED (厚労科研)

・再生医療実用化を促進するセルプロセシングセンター運用のための人材育成プロジェクト; 厚労科研

・再生医療実用化研究事業 再生医療支援人材育成コンソーシアム構築; 厚労科研 (H27-28)

放射光共同利用実験課題 (Photon Factory)

2016G171: 3D形態観察のための新しい位相X線顕微鏡の開発とヒト胚子画像解析(実験参加者)

2015G574: 位相コントラストX線撮像法を用いたヒト胚子の内部器官形成過程の定量的解析(実験責任者)

2014G018: 位相X線CTの新しい撮像法を用いたヒト胚子の観察と中枢神経発生 (実験参加者)

2013G514;位相コントラストX線イメージング法を用いた異常を有するヒト胚子の形態学的解析(実験責任者)

2012G138;位相コントラストX線イメージング法を用いたヒト胚子の観察と病理解剖学的解析(実験参加者)