スクリーンショット 2014-01-18 16.19.10
 

Archieve

周辺地図

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

B. 学部・全学共通教育

7259

「病理学」は、よき医療人をめざす学生にとって必要不可欠なものです。その理由として次のようなことが挙げられます

1)チーム医療を担うcomedical staffとして、チーム医療に参加するスタッフは、それぞれの専門分野を生かして患者さんの治療に当たる訳ですが、スタッフを束ねる共通のものとして、病理学を含め基礎医学は「共通言語」として重要です。

2) 本専攻の卒業生の進路としては、病院で、専門職として勤務する以外にも、一般企業、公務員、マスコミ、大学院進学し研究、開発を目指す等、幅広い分野での活躍が期待されます。そのための基礎体力として、病気の本質を学ぶ病理学は重要です。

医師を養成する医学科では、臨床各科で病気を学ぶ機会がありますが、本専攻のような医療系4年生大学ではコマ数が限られます。そのため、より質の高い、充実した内容を提供することが、病理学研究室に課された責務です。

■ 病理学概論   (第IIゼメスター、専門基礎科目)

看護学、検査技術科学、理学療法学、作業療法学などの医療系分野の専門家をめざす学生を対象に、病気の理屈一病気とは何か、その原因、転帰一を教えます。病気についての知識、理解を深め、さらに興味を持てるようにしたいと考えています。

病理学の勉強について    病理学の勉強に役立つLink

 
■ 病理学各論1,2  (第V,VIゼメスター、専門科目)

病理学は疾病の病因・病態を解明する学問体系です。病理学各論では、まず諸臓器においてその機能的、解剖学的特徴を整理したうえで、諸臓器に特徴的な病気について、その病態の理解を深めます。また、現代病理学は、病気の最終診断という重要な役割を担っている。諸臓器においてその特徴をふまえ、診断の根拠となる形態学的変化を学びます。適宜、顕微鏡実習、インターネットを用いた演習を行います。

■ 細胞/組織検査学 (第IVゼメスター、専門科目)7280

病院での病理検査や生命科学研究を進める際に必要な基礎的知識を習得します。組織・細胞診断を行うための基礎的検査法、特に標本作成法について概説します。組織・細胞の固定、標本切り出し、組織包埋、薄切、各種染色法、免疫組織化学、in situ hybridization、電子顕微鏡試料作製法、データ管理等について理論的根拠並びに方法論について解説します。また、細胞診の基礎についても学びます。

 
■ 細胞/組織検査学実習 (第Vゼメスター、専門科目)細胞組織検査学実習
病院での病理検査や生命科学研究を進める際に必要な細胞組織学的解析法の実際を小動物を用いて学びます。つまり、臓器の摘出、切り出し、固定、薄切、染色法 ( HE.染色、特殊染色、免疫染色、ギムザ染色、パパニコロウ染色など)の実際を行います。また、小動物の扱い方にも習熟します。作製した標本を用い、諸臓器の組織形態を光学顕微鏡を用い観察し、学生発表を行い、知識を深めます。

2009年度実習の発表資料

C. 全学共通教育

スポーツ実習1A (テニス)を2014年4月から受け持ちます。

テニスというスポーツを通して、身体能力の向上、運動する生活習慣を身につける。

チームプレー、リーダーシップ、マナー、救急対応,、コミュニケーション技術、パートナーへの思いやり、相手への敬意、公平なルールの運用と遵守、など、テニスを通じて人間として大切なことを身につけるのもこの実習の目的である。

■ スポーツ実習 (外部リンク)>>