Archive

スクリーンショット 2014-01-18 16.19.10
 

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ヒト胚子の勉強に役立つサイト

■ THE 3D ATLAS OF HUMAN EMBRYOLOGY

Carnegie Collection由来のヒト胚染色組織標本(CS7-23) をデジタル化し、組織と器官を同定し、知識ベースをもとにしたモデリングによって不完全性を補うことで、ヒト胚発生を対象とする3次元デジタル・アトラスを構築しました。
75名の医学生が参加、専門家の指揮のもと15,000片の染色組織標本を解析したそうです。Science  2016: 354, Issue 6315, aag0053

■ The collection of immunolabeled and transparent human embryos and fetuses

ヒト胚子、胎児標本を3DISCO clearing法を用いて全身の透明化、免疫染色による特定蛋白の可視化を施行し、立体観察を可能にした。見応えのあるmovieを多数そろえています。

Cell 169, 161–173, March 23, 2017

■ UNSW Embryology 

ヒト胚子(Carnegie Collection)についての詳しい説明があります。この胚子画像の多くは京都コレクションを使用しています

Contributions to Embryologyの抜粋が読めます。

神楽所さんの論文のFigureが引用されています。

■ Human Developmental Anatomy Center

Carnegie Collection が収集されています。

■ Virtual Human Embryo

ヒト胚子のanimationなどが閲覧できます。

■ The visible Embryo

ヒト胚子のanimationなどが閲覧できます。

■ embryology.ch

スイスの大学が作成しているサイトです。この胚子画像の多くは京都コレクションを使用しています。

■ Making of visible embryo

発生学の貴重な歴史的資料が閲覧できます。

■ Reprints of Developmental Stages in Human Embryos

■ Developmental Stages in Human Embryos by Ronan O’Rahilly and Fabiola Müller.

ヒト胚子発生段階(Carnegie stage)のバイブルです。

■ The Virtual Human Embryo

Gasser博士が中心となって行なっているプロジェクトです。

■ EMAP (The e-Mouse Atlas Project)

イギリスのエジンバラ大学を中心に展開するプロジェクトです。実験動物(マウス)の解剖、組織、遺伝子発現、演習を統合したアトラスです。Kaufmanの組織学アトラスと連携しています。