アクセスカウンター

2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

上腸間膜動脈の発生

上腸間膜動脈(SMA)は、卵黄動脈という、卵黄嚢を栄養する動脈が起源である。卵黄動脈は大動脈から分岐しており、胎生5週頃には卵黄嚢を栄養しています。そして胎生8週になると、左右の卵黄動脈のうち片方は消失し、もう片方が上腸間膜動脈となります。このとき、消失するはずだった卵黄動脈が残ることで、小児イレウスの原因となることもあります。