Archive

スクリーンショット 2014-01-18 16.19.10
 

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Blechschmidt Collection

ドイツのGöttingen大学内にあります。同大学は1737年に創設され270年近い歴史があり13学部を有する総合大学です。45名のノーベル賞受賞者を輩出することでも知られます。

Blechschmidt Collectionは医学部解剖学教室が現在保管しています。高品質の組織切片と64体の精巧な大型模型が特長で、これらは受精後8週間のほぼすべての期間の胚子をカバーしています。64体の胚子はガラスのケースに入れられ全方位から観察可能で、一般公開もされています。これらは外表に加えていくつかの器官系(循環器、呼吸器、消化器、中枢神経、骨格系など)を精確に復元しています。大きさは75cm程の大きさがあります。

2012年9月、私たちは同コレクションを訪れました。建物の地下一階にガラスケースに入れられた胚子模型が整然と並べられ、不思議な雰囲気のする空間でした。

2012.9.24撮影

2015年から、Göttingen大学との共同研究で貴重な胚子組織標本や、3Dモデルのデジタル化に取り組んでいます。

・ゲッティンゲン大学ヒト胚子コレクションの組織学的解析およびデジタルアトラス作成;基盤(B)(海外)

 

■ The Human Embryology Collection (‘Blechschmidt Collection’) at the Centre of Anatomy

University Medical Centre Göttingen(外部リンク)

3DスキャンしたCS12胚子モデルCS12 組織像

2014.9に訪問した時のデータ(CS12 胚子組織標本、3Dモデル)

22. Ueno S, Yamada S, Uwabe C, Männer J, Shiraki N, Takakuwa T, The digestive tract and derived primordia differentiate by following a precise timeline in human embryos between Carnegie stages 11 and 13, Anatomical Rec 2016,  299, 439-449, DOI: 10.1002/ar.23314s,  (概要)

.