スクリーンショット 2014-01-18 16.19.10
 

Archieve

周辺地図

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

胎児側脳室の形態と長さ計測の有用性(竹谷卒論) Congenit Anomに掲載

竹谷さんの卒業論文が、 Congenital Anomalies 55巻(2015)に掲載されました。

本論文の内容は第104回日本病理学会総会でも発表予定です。

妊娠中期 (16-25週) の16体のヒト胎児MRI3次元データを用いて側脳室の正常発生を解析した。16週の胎児では、側脳室は, すでに前角、中心部、後角、下角の主要4領域が区分出来た。側脳室の形態は、近接する大脳の外方、内方への成長の影響を受け、主に伸長と狭小化という変化を示した。6個のパラメータ (総前後長、前後角間長、後角長、中心部の厚さ、総側脳室高、下角間長) を設定し、長さ測定を行い頭蓋横径(BPD)との関連性をsimple regression analysisを用いて検討した。BPDと関連性の高い計測値は、総前後長、前後角間長、後角長、中心部の厚さで (R2=0.80-0.93)、総側脳室高、下角間長は中等度 (R2=0.56-0.73)であった。これら脳室の計測は、胎内での胎児脳の健全な成長と発生を評価する標準的手法を確立するのに寄与する可能性が考えられた。一方、BPDと側脳室体積とは関連性が見られなかった(R2=0.13).

スクリーンショット 2014-07-11 20.53.16

Taketani K, Yamada S, Uwabe C, Okada T, Togash K, Takakuwa T, Morphological features and length measurements of fetal lateral ventricles at 16–25 weeks of gestation by magnetic resonance imaging, Congenit Anom (Kyoto), 2015, 55, 99-102. doi: 10.1111/cga.12076

.